自動車の自動運転・autonomouscarの未来

果たして自動車の自動運転・autonomouscarなんて実現するのでしょうか。

自動運転・autonomouscarの未来はすぐ側かもしれないです。

しかし、いろいろ乗り越えなければならないハードルも存在していると言います。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

自動車の自動運転・autonomouscarの未来

自動車の自動運転・autonomouscarは、車線、車、信号などの周辺環境のデータを3Dのデジタルデータに変換することなどは上手く出来ているということができます。

でも、いつも自動車の自動運転・autonomouscarが正しい認識をすることができるかと言えば、近くにたくさんの物体が存在するようなシーンにおいて、それぞれ分別して認識するというのが、ソフトウェアにとって難しいとも言われています。

自動車の自動運転・autonomouscarは、もちろんそのような場所でも走行されなければならないのでしょう。

しかし、大都市で歩行者がわんさかいるシーンで正常に機能させるため、静止画を理解するだけではなく、ミリ秒レベルのコンテキスト(文脈、前後関係、事情、背景、状況)を理解しなければなりません。

そのような方法によって自動運転・autonomouscarは、小さな集合を特定の歩行者としてカテゴリーに分類することができます。

他の人や車の動きを予測することが難しい

自動運転・autonomouscarは、他の人や車の動きを予測することが難しいという言い方をすれば、まだまだとうてい自動車の自動運転・autonomouscarは無理……という悲観的思いも出てきてしまうでしょう。

コンピューターというものは、残念ながら苦手分野もあるものです。

自動車の自動運転・autonomouscarは、現状では、宙に舞っているビニール袋を、中身が詰まっている重さのある危ない物質として認識してしまうことがあると言います。

大した問題でない時に、自動車の自動運転・autonomouscarは、急ブレーキの判断をして、乗っている人を驚かせてしまうこともあるかもしれません。

それは、死を意味するのかもしれません。

信用できるシステム

自動車の自動運転・autonomouscarが確立し、発進するため、自動運転・autonomouscarのシステムが信用できるものである必要があります。

自動車の自動運転・autonomouscarって、実際に実現することができるのでしょうか。実現することができたとして、果たしてそれは、人たちが運転する自動車よりも優れているということができるのでしょうか。

優れていないのなら、自動運転・autonomouscarの意味はあるのでしょうか。
そこに存在しなければならないのは信用できるシステムです。