自動車は自動運転・autonomouscarの時代にいる

私達は、いま自動運転・autonomouscarに対して、どのような向き合い方をして行けばいいのでしょうか。まだまだ、自動運転・autonomouscarは未知の世界かもしれません。そうではないのかもしれません。

何よりも自動運転・autonomouscarに期待されているのは、事故率ゼロ%の世界ではないでしょうか。

免許の取得なら

自動運転・autonomouscarの事故は起きる

自動運転・autonomouscarの事故は、必ずどこかで起きているのです。しかし、自動運転・autonomouscarの事故を回避するためには、必要なのは、運転席に乗っているドライバーだと言います。

やっぱり、自動運転・autonomouscarの事故は存在するものであり、その事故率を最小限に留めるのは、ドライバーの力量ということになるのでしょうか。

そして、今回の自動運転・autonomouscarの事故に関して言えば、ドライバーに、犯罪歴があることが話題に取り上げられています。犯罪歴を持っているドライバーだから、自動運転・autonomouscarの事故が起きた……。

こんなくだらない結論を誰も聞きたくないと思いますが。

犯罪歴と結びつけて、多くの人たちは、犯罪歴を持っているから、自動運転・autonomouscarの事故が起きて仕方ないのねと納得するのでしょうか。

でも、この自動運転・autonomouscarの事故に対しては、なぜUberは犯罪歴のある人を雇ったのかという問題が別方向で動き始めているのです。そちら方向の話題に便乗すれば、そのような大事な実験に対して、そのような人材を起用したことには問題があり、そのようなメーカーは、ろくな自動車は作ることができないという結論になってしまうそうですね。

LIDARが自転車を把握しなかった

自動運転・autonomouscarには、カメラを補う役目を果たすべきLIDARがあります。しかし、LIDARが、自転車の存在をチェックすることができなかったと言います。

LIDARの機能は、1秒間数回転~数十回転するミラーを使用してレーザービームを周りに照射、物体までの距離を測定することができますが、走査型であり、ギャップも相当あるでしょうし。自転車の車輪のようなスカスカなものに対して、レーザーが認識されないというデメリット要素を抱えていると言います。

LIDARには、実際にこのような欠陥があり、であれば、欠陥は、しっかり修正される必要があります。

果たして自動運転・autonomouscarの世界は、
すぐそこまで来ているのでしょうか。