自動車・自動運転・autonomouscarの問題点

自動運転・autonomouscarに対しての私達の期待値は相当大きいです。その時代は、いつ来るのか、待ちに焦がれている人たちが大勢います。

自動運転・autonomouscarに対して、多くの人たちが期待しているのは、交通事故ゼロ%の世界ではないでしょうか。

しかし、その時代は、なかなか来ないとも言います。

自動運転・autonomouscarの期待値

自動運転・autonomouscarは、実際にいろいろテストされるものの、確率的に交通事故を起こしているのです。

そんな交通事故が起きてしまえば、自動運転・autonomouscarの世界は、どんどん遠のくばかりです。

その自動運転・autonomouscarの交通事故は、ひょっとしたら、人間が運転していても避けることができない事故だったのかもしれません。

しかし、それを避けることができ、自動運転・autonomouscarの意味があるのではないでしょうか。

果たして、人間の運転に限界があるように、自動運転にもの限界が存在しているというのでしょうか。

自動運転・autonomouscarにも限界があると人たちが気付いた瞬間が、自動運転・autonomouscarの幕開けなのかもしれません。

今でも事故を起こす可能性を充分持った自動車が平然と走っている訳ですから、それで問題ないのではないでしょうか。

自動運転・autonomouscarの問題点

今回起きた自動運転・autonomouscarの事故では、道路が真っ暗なのにも関わらず、ヘッドライトがハイビームになっていなかったという問題点が指摘されています。

人間の運転であれば、当然このようなシーンでは、ハイビームにしていただろう場所にもかかわらずです。

なぜ、人間が当然するべきだろうことが、自動運転・autonomouscarに出来ていなかったのか。ここは、今後反省して、間違いなく改善策を導いていかなければならないでしょう。

ドライバーのミス?

もうひとつ、今回の自動運転・autonomouscarの事故では、万が一の時に安全を確保するために運転席に座っていたドライバーは、よそ見をしていたことです。

実際に、自動運転・autonomouscarのなのですから、よそ見もあっていいことだと思いますが、 交通事故を避けるために、人間がそこに座っているのです。

つまり、自動運転・autonomouscarも事故を起こす可能性があり、それを最小限に留めるのは、人間であるということで、自動運転・autonomouscarは人間との相乗関係によって限りなく事故率をゼロ%まで下げることができる自動車なのかもしれません。